コラム|武蔵新城の歯科、歯医者なら【駅前1分・平日8時】【森岡デンタルクリニック】(川崎市中原区)

診療時間 日・祝
10:00~13:00
14:30~20:00

休診日:水曜・日曜・祝日
★17:00まで

〒211-0044
川崎市中原区新城
3-2-13

tel. 044-799-7580
24時間WEB予約
  • 地図
  • メニュー

歯科医院で院内感染が起こりにくい理由

新型コロナウイルスは、さまざまな場所で感染が生じていますよね。

 

とくに、患者さんを受け入れている病院や町のクリニックなどでも、集団感染が発生している例も少なくありません。

 

そこで気になるのが「歯科医院の安全性」ですよね。

 

報道でもわかるように、実は、「歯科医院での院内感染」というのは、「皆無」に近いです。

 

今回はその点についてわかりやすく解説します。

 

お口の治療はリスクが高い?

 

歯科治療では、必ず患者さんはマスクを外しますよね。

 

歯医者さんが治療をするのは「お口の中」なので、マウスをしたままでは何一つ処置を加えることができません。

 

そう考えると、病院よりも新型コロナウイルスへの感染リスクが高いように思えますが、実際に感染が広がっているという事実はありません。

 

これは日ごろから「歯医者さんが感染予防を徹底」しているからです。

 

口腔外バキュームの活用

 

例えば当院では、「口腔外バキューム」という機械を導入しており、患者さまの唾液や歯の切削片などが周囲に飛び散らないよう配慮しております。

 

これはスタッフがウイルスに感染しないだけではなく、周囲の患者さまへの感染リスクを下げることにもつながっています。

 

使用した器具の滅菌

 

当院では、診療に使用した器具を必ず専用の器具で「滅菌処理」を施しています。

 

滅菌器は、細菌だけではなく、「ウイルスも死滅」させることが可能なので、毎回まっさらな状態の器具を使用することが可能となります。

 

感染症予防の意識が高い

 

上述したように、歯科治療というのは、そもそも感染リスクの高い医療行為といえます。

 

そのため、歯科医師や歯科衛生士だけではなく、歯科助手や受付のスタッフに至るまで、「全員が徹底した感染症予防を実施」しています。

 

もちろん、それは新型コロナウイルスが流行する前からです。

 

まとめ

 

このように、歯科医院というのは、普段から感染症予防を徹底している医療機関であるからこそ、新型コロナウイルスのような新手の感染症が蔓延しても、院内感染が生じないようになっています。

 

当院ではさらに、追加の予防策も講じておりますので、安心して治療を受けることができますよ。