コラム|武蔵新城の歯科、歯医者なら【駅前1分・平日8時】【森岡デンタルクリニック】(川崎市中原区)

診療時間 日・祝
10:00~13:00
14:30~20:00

休診日:水曜・日曜・祝日
★17:00まで

〒211-0044
川崎市中原区新城
3-2-13

tel. 044-799-7580
24時間WEB予約
  • 地図
  • メニュー

予防歯科はどのくらいの頻度で通うべき?

むし歯や歯周病にかからないためには、予防歯科を受診するのが一番です。

 

予防歯科では、自宅では行えないさまざまな「予防処置」を実施しております。

 

そんなプロフェッショナルによる予防処置を定期的に受けることで、むし歯や歯周病のリスクを大きく減少させることができます。

 

今回はそんな予防歯科の「通院頻度」についてかんたんにご説明します。

 

3ヶ月に1回程度が理想

 

予防歯科を受診する頻度としては、「3ヶ月に1回」程度が理想といえます。

 

3ヶ月であれば、例えむし歯や歯周病を発症したとしても、重症化するのを止めることが可能です。

 

3ヶ月に1回という頻度を維持することで、むし歯や歯周病の「早期発見・早期治療」が可能となります。

 

病気のリスクが高い人はもう少し頻繁に

 

むし歯や歯周病のリスクというのは、人によって大きく異なります。

 

お口の衛生状態はもちろんのこと、残っている歯の本数や歯並び、歯がもともと備えている性質などによっても、病気の発症リスクは大きく左右されます。

 

ですから、「むし歯や歯周病のリスクが高い人」は、3ヶ月よりもさらに短い期間で予防歯科を受診しても良いといえます。

 

実際、「1~2ヶ月に1回」の頻度で定期検診や予防処置を受けている患者さまもいらっしゃいますよ。

 

病気のリスクが低い人は6ヶ月に1回

 

過去にむし歯や歯周病にかかったことがなく、今現在も口腔衛生状態が良好な方は、「6ヶ月に1回」の受診でも十分、むし歯や歯周病を予防することができます。

 

そういった方は、もうすでに正しい歯磨きの習慣も身に付いていることかと思いますので、万が一に備えて予防歯科の受診を継続しましょう。

 

まとめ

 

このように、予防歯科は3~6ヶ月に1回の頻度で通うのが一般的です。

 

予防歯科を継続して受診していただければ、患者さまのお口の健康状態も維持され、大きな病気にかかることもなくなりますよ。

 

当院では、患者さまが一生涯ご自身の歯で噛み続けることができるよう、最大限サポートいたします。